個人輸入でしか手に入れられない抗うつ剤プロザック

抗うつ剤・抗鬱剤・SSRI NAVI

有名な抗うつ剤「プロザック」と抗不安薬「デパス」の違い

近年心療内科や精神科等を受診し、不安や緊張等心の病を治したいという方は多いと思います。
私も不安や悩みからいろいろな治療薬を経験してきました。

そこで、このサイトではプロザック等をはじめとするSSRIの薬や、デパス等の有名な治療薬についてまとめてみました。
これから治療をはじめたいという方々のお役に立てればと思います。

抗うつ薬であるプロザック

有名な抗うつ剤「プロザック」と抗不安薬「デパス」の違い

プロザックはある意味、世界で一番有名な抗うつ剤かも知れません。
この薬剤は1988年に発売され、その途端に大人気となりました。
服用することである日突然元気になる、という噂が流れたためです。
世界的には非常に売れているお薬ですが、日本ではまだ認可されていないため、手に入れるには海外のドラッグEC経由か個人輸入代行会社に依頼するのがよいでしょう。
また認可が下りていないと言うことは服用に際しても自己責任で行わなければいけない、ということが大前提となります。

アメリカでは「魔法の薬」として脚光を浴びましたが、その後は徐々に沈静化したいったようです。
むしろ、入手できないという理由から日本でのプロザック人気はすごいものがあります。
通常、抗うつ剤は服用して2週間目から徐々に効果が表れると言われていますが、この薬剤の場合、作用が早いからでしょう。

プロザックはセロトニンを増加させるSSRIの一種

プロザックは、1999年に我が国で認可されたデプロメール・ルボックス、そして2000年に認可されたパキシルなどと同様の新型の抗うつ剤で「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」に位置づけられ、抗うつ剤としては新薬の部類に属しています。
抗うつ剤の歴史は三環系から始まって現在は比較的新しい抗うつ剤としてSSRIがあります。
この薬剤は脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くのが特徴で、そのセロトニンを増加させる働きをします。
セロトニンの増加は気分を楽にすると言われます。
SSRIは副作用の大きかった三環系のような便秘や口の渇きなど、副作用があまりないということで最近ではよく処方されている薬剤です。

飲み方は、通常は、朝1回多めの水とともに飲みます。
症状により服用量などは変わりますので、随時、医師に相談しながら服用するようにしましょう。

抗不安薬であるデパス

有名な抗うつ剤「プロザック」と抗不安薬「デパス」の違い

実はうつの治療薬にもいろいろな種類があり、その仕組によって分類されています。
先程のプロザックはSSRIと呼ばれる分類の薬ですが、デパスはベンゾジアゼピン系抗不安薬という分類で、それぞれに働きが異なっています。

デパスは神経の興奮をしずめるための物質「GABA」の働きを促進する「エチゾラム」を主成分としています。
即効性が高く、突然の不安やパニック症状をしずめるのに最適で、こうした治療を目的として処方される他、GABAの働きを促進させ高ぶった神経を落ち着かせる働きを利用して睡眠導入剤としても活躍しています。

デパスは依存性の高さが指摘されている

このようにデパスは心療内科以外でも幅広いシーンで利用されているのですが、依存性が高いという指摘がなされています。
そのため、急激にデパスを断薬してしまうことで吐き気等の離脱症状があらわれてしまったり、逆に長期間無計画に飲み続けたことで効果が薄れてしまうなどの事態も起こっています。

どちらの薬を使うにしても、それぞれの特徴を活かしながらご自身の症状改善に最適な薬を選ぶようにしていきたいですね。