パキシルは2000年に認可された新薬です

抗うつ剤・抗鬱剤・SSRI NAVI

パキシルは2000年に認可された新薬です

パキシルは2000年に我が国で認可された、最新の抗うつ剤で、「選択的セロトニン再取込阻害薬(SSRI)」に含まれる、新たに開発された抗うつ剤です。

うつ病の人の脳の中では、神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンが非常に少なくなっているために、意欲や気分をつかさどる脳の機能が低下し、気分の落ち込みや憂鬱感、気力の喪失など、いわゆる抑うつ症状が起こっています。
セロトニンが不足する原因としてはセロトニンがストレスによって減少傾向にあれば、心と体のバランスを失うことがあります。
その結果、病気になってしまうことがあるのです。
セロトニンが不足することで起こる病気では「うつ病」があげられます。
うつ病は、極端にセロトニンの分泌が少なくなって現れる病気です。
抗うつ薬の効能は、このセロトニンとノルアドレナリンの量を増やし、脳の活動を活発にして、症状を良くしようとするものです。

パキシルは脳内の伝達物質であるセロトニン系と呼ばれる神経のみに働くのが特徴で、この薬剤は、そのセロトニンを増加させる働きをします。
セロトニンの増加は気分を楽にすると言われます。
この「余計な部分には働かない」という特性により、この薬剤は今までに多かった抗うつ剤の副作用(口が渇くことや便秘など)も大幅に軽減されているという宣伝文句で売られています。

そして、パキシルは三環系抗うつ剤などの古いタイプの抗うつ剤の最大の弱点であった「副作用」という問題点をある程度はクリアしています。
しかしながら、薬というものは化学物質ですので、大量に人体にそれが取り入れられれば、よからぬ事態に発展することは言うまでもありません。

また、パキシルは適応症として「パニック障害」が認められた国内初の薬でもあります。
ソラナックスと共にパニック障害の治療の幅がこの薬剤の登場で広がりました。
この薬剤は、テンションを上げると言うよりは、不安などで落ち着きを失った心を穏やかにするといった方面に効果があるという声が良く聞かれます。