最近効果が期待されているゾロフト

抗うつ剤・抗鬱剤・SSRI NAVI

最近効果が期待されているゾロフト

第三世代の抗うつ剤として効果が期待されている抗うつ剤に「ジェイゾロフト」があります。
塩酸セルトラリンとして「ゾロフト」(Zoloft) の商品名でファイザーより発売されています。
アメリカ食品医薬品局は1991年に承認。
日本においては、「ジェイゾロフト錠」の商標で2006年7月7日より薬価収載されています。
抗うつ剤は、化学構造の違いから、「三環系」「非三環系」「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」「SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)」等に分類されます。
ゾロフトは「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」です。

抗うつ剤は飲んですぐ効くといった、特効薬的な効果は期待できません。
飲み始めてから2週間から一ヶ月で効果が現れると言われています。

SSRIやSNRIは、新しく開発された薬です。
比較的副作用が少ないため、最近の主流になっています。
うつ病の人の脳の中では、神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンが非常に少なくなっているために、意欲や気分をつかさどる脳の機能が低下し、抑うつ症状が起こっています。
セロトニンが不足する原因としてはまずストレスがあります。

仕事や家庭、子育てなど色々な要素が複雑にからみあって人間はストレスを感じますが、多くの方がストレス解消のために趣味や旅行に時間を費やしたりしてストレスを発散します。
ところが、これが解消されずにストレスが人体の許容範囲を超えてしまうとセロトニンの増減に影響を与えてしまうのです。
また、夜勤が多い仕事や、最近ではインターネットに没頭するあまり昼夜が逆転した生活を送っている方も増えています。
そういう方もセロトニン不足になる可能性があります。
更に運動不足や食事バランスも関わってきます。
特に食事では、セロトニンの生成に必要なトリプトファンが不足していると問題なので、トリプトファンを含む食品を積極的に摂るようにしましょう。