プロザックの副作用について

抗うつ剤・抗鬱剤・SSRI NAVI

プロザックの副作用について

きっと皆さんは「プロザック」と呼ばれる薬の存在を耳にしたことがあるかもしれません。
このプロザックというのはフルオキチセンという成分を含んでおり昔から「うつ病」患者に沢山投与されたきたものなのです。
1988年頃から世界各国で発売が始まり、瞬く間に人気が広がっていきました。
うつ病などのせいで元気が無くてもこれを飲むことで瞬く間に元気が出ると評判だったのです。
しかしこの服用に関してはその副作用をしっかり理解しておかなくてはいけません。

特に飲みなれていない場合には不安感とかイライラ感が逆につのることになり情緒不安になるといわれています。
こうした副作用は時間と共に無くなっていくと言われていますが、しっかりこのことを理解していないと最初は非常に驚くことでしょう。

また食欲減退ということもこのプロザックの副作用としてよく挙げられています。
どうやら基本的に「胃がむかつく」感覚を覚えるようでそれが食欲を失わせる要因となっていると考えられています。

ぜひこの薬を服用するときには色んな要素や可能性を考慮し、自己責任で選択していく必要があるのです。
また事前にしっかりとその成分や使った人の感想などをチェックするという時間も大事になってくるはずです。