ssriの副作用について

抗うつ剤・抗鬱剤・SSRI NAVI

ssriの副作用について

きっと皆さんの中には気分障害やうつ病などと闘っていて、お医者さんからssriの薬を処方された方がいるのではないでしょうか。
この世に数ある抗うつ剤の中でも比較的体に受け入れられやすいと考えているこの薬は世界各国で非常に重宝されています。

しかしどんな薬にも「副作用」というものが存在しますね。
人によってその程度は異なりますが、処方された薬を何も考えず使うのではなくこのような副作用にもしっかり気を遣っていきたいものです。

ではssriの副作用というはどのようなものでしょうか。
他の抗うつ剤と同様に時として便秘になったり、逆に下痢になったりと便の調子がおかしくなることがあります。
また人によっては吐き気や食欲不振が起こることでしょう。

特に注目したいのは「セロトニン症候群」というssriならではの副作用です。
一時的に気分が暴力的になったり、イライラするという症例が報告されています。

ここで大事なのはこのような副作用をしっかりと理解し、予想外の副作用を感じたときにはすぐに服用をやめるということです。
かかりつけのお医者さんに色々相談してみるのも非常に現実的なことといえます。
このようなことをしっかり守って症状の改善に努めましょう。

また薬の中毒性にも気をつけることによって真の健康を手に入れることができるのです。